FC2ブログ

ベランダ・バルコニー屋根提案・COM

屋上庭園・バルコニー工法・[スカイプロムナールーフ][デッキ工法〕にて、もっと屋根面を有効に利用しましょう。 第二の居間として風と光と寛ぎを提供いたします。

VOL023  バルコニー工法 プロムナールーフエクセルの設計・施工基準 ①設計編

プロムナールーフエクセルの設計・施工にあたっては、下記を基準とし、ここに記載された以外の事項は「木造設計・施工基準書」による。


【 設 計 編 】



 1.適用地域

 2.構造計画
  (1) 全体計画 ・・・・ 構造的な安定性に配慮し、特に柱・壁の直下率、耐力壁(構造耐力上必要な軸組)
               等の十分な配慮を行う。
  (2) 耐力壁 ・・・・・・ 耐力壁は瓦葺の建物と同等の壁量を確保する。
  (3) 屋上の荷重・・・ 屋上は構造的に屋根と考える為、屋上の使用は歩行、または軽量な物を置く程度に
               限る。
  (4)小屋組 ・・・・・・ 小屋組は、2階床組と同等の断面寸法材を使用する。即ち小屋梁は床梁、母屋は桁、
              垂木は根太と同等とする。

 3.屋根形状     1-屋根の平面形状は単純な矩形を基本とする。
               2-屋根は片流れとし、流れ寸法は最大20m以内とする。
               3-勾配は2/100以上とする。

 4.断 熱       小屋裏の断熱材は、天井面にグラスウール(密度10kg/㎥)厚100mmを施工する。

 5.換 気       1-小屋裏は十分な換気量を確保し、屋根下天井面積が7㎡を超える場合は自然
                  換気と機械換気を併用するものとする。
               2-換気工と有効換気面積の合計は天井面積の1/250以上とする。
               3-換気口・換気扇の設置位置は換気効果を考慮し、ショートサーキット等が発生
                  しないよう配慮する。

 6.箱 樋       1-箱樋の大きさはH:水下120mm~水上深さ90mm(水上有効深さ)xW:150mm以上
                  とする。
               2-箱樋の水勾配は1/100以上とし。下地にて勾配をとる。
               3-ドレンは1箱に付き2ヵ所以上とし、径はφ75mm以上とする。
                 但し、屋根投影面積が5㎡以下の場合。1ヵ所以上とする事ができる。
               4-ドレン設置位置は水上より5m以内毎とし、壁際は端部より100mmを標準とする。
               5-オーバーフローは1箱樋に付き1ヵ所とし、落し口は水上より1m以内とする。
               6-箱樋には雨水以外の排水は流さないものとする。

無断複写、複製、転載を禁じます。

詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp

スポンサーサイト



  1. 2008/04/02(水) 11:44:10|
  2. No,05 プロムナールーフエクセルの設計・施工基準
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<VOL024  バルコニー工法 プロムナールーフエクセルの設計・施工基準 ②施工編 | ホーム | VOL022  ウッドデッキを敷く、バルコニー屋根。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://balcony0633com.blog110.fc2.com/tb.php/24-cd09e287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cyouchinankou

Author:cyouchinankou
ベランダ屋根をどのようにして施工するのか?
ベランダ屋根どのような素材なのか?
ベランダ屋根どのような施工例があるのか?
屋根を有効利用するご提案ができれば幸いと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる