FC2ブログ

ベランダ・バルコニー屋根提案・COM

屋上庭園・バルコニー工法・[スカイプロムナールーフ][デッキ工法〕にて、もっと屋根面を有効に利用しましょう。 第二の居間として風と光と寛ぎを提供いたします。

VOL022  ウッドデッキを敷く、バルコニー屋根。


目の前が広大な太平洋に面した家。大きな窓からだけでなく、MAX KENZOが開発した、ウッドデッキを敷詰めるハイブリッド化粧屋根工法。

1.jpg



特殊ハゼ構造とシステム金具が緩勾配屋根(1/100)施工を可能にしました。空気層を作り出し外断熱効果もあります。

詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp


スポンサーサイト



テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/03/19(水) 21:55:13|
  2. No,02 ハイブリッド、化粧屋根工法(コラーキング」施工事例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VOL021  バルコニー施工事例バルセロナ近郊

IMG_1869baruk3002.gif




詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/03/10(月) 12:58:48|
  2. No.15 ベランダのある風景・・スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VOL020  プロムナールーフ各部詳細図

箱樋(下抜き)
排水ドレンは75φ以上のもの。
必ず2ヶ所以上の排水を取るか、オーバーフォローを設置する事。


断面図A(タテ樋)


本書の分割・転載は禁止します。

断面図B-C


断面図D


本書の分割・転載は禁止します。

断面図E


断面図F


本書の分割・転載は禁止します。

ご注意
排水ドレンは75φ以上のものを使用のこと。
排水ドレンは二箇所以上設置するか、オーバーフォローを設置する事。

断面図G(タテ樋)


本書の分割・転載禁止します。

断面図H-I


断面図J


本書の分割・転載禁止します。

詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/03/03(月) 08:54:10|
  2. No,06A ベランダ屋根各部詳細図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VOL019  バルコニーも金属防水にて施工

名称未設定-8barko6010


大窓からバルコニーへ続きます。

詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/03/03(月) 08:43:31|
  2. No.01 バルコニー・ベランダ・屋上庭園屋根施工事例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VOL018屋根面の有効利用屋上庭園

IMG_8509hiyoshi8001.jpg


大屋根をプロムナールーフ・金属防水工法にて施工することによって、360度の視界を楽しむことができます。

IMG_8503hiyosi80033.jpg


画面右下、プロムナールーフ表面。

IMG_8508hiyosi8012.jpg


セラミックタイル置き敷きタイプによって、スカイガーデンの誕生です。

詳細は下記のホームページにて御覧いただけます。

EROOF株式会社
http://www.eroof.jp

MAX KENZO 株式会社
http://www.yaneya.co.jp

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/03/01(土) 08:36:42|
  2. No.01 バルコニー・ベランダ・屋上庭園屋根施工事例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

cyouchinankou

Author:cyouchinankou
ベランダ屋根をどのようにして施工するのか?
ベランダ屋根どのような素材なのか?
ベランダ屋根どのような施工例があるのか?
屋根を有効利用するご提案ができれば幸いと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる